1. TOP
  2. 申込方法の基礎

申込方法の基礎の目次

本人確認書類(身分証明書)

新規に申込みをするときには「本人」が確認できる書類が必要となります。「本人確認法」という法律により、今まで提出が必要とされなかったクレジットカードの申込にも「身分証明」が必要となりました。 「本人確認法」というのは、テロ資金供与防止条約を受けて、2003年1月に施行された法律です。

有効期限内であれば、免許証だろうと何を提示しようかは本人の自由です。ただ、顔写真付きの運転免許証が身分証明として提示すると好印象を与えるというのは、ちょっとばかり勘違いだということを覚えておきましょう。

運転免許証やパスポートでは、本人の職業を把握することは不可能に近いので、どんだけ「大手企業」に勤めていようと、「その日暮らしのフリーター」などの一般ピーポー的な人間として見られがちな証明書となります。
これとは反対に、「健康保険証」の場合、ある程度本人の「財力」を見極めることができる「証明書」となるので、好結果を生むモノとなります。
健康保険証には、職業によっていろんな種類があり、中でも「公務員共済健康保険証」はかなりの威力を発揮します。
この次に好結果を生むのが、サラリーマンなど多くの勤め人が加入している「社会保険証」となり、「組合健康保険証」なども有利な部類に入るでしょう。

た・だ、説得力のない保険証が、「国民保険証」です。何故なら、無職者だって加入できる健康保険証だからです。これは、運転免許証とあまり変わらないレベルの身分証明となります。
国民保険証で、好印象を与えるという部分は「毎月の保険料を納入している」という返済能力でしょう。

顔写真がない分、悪用されやすいので、絶対的な注意が必要です。保険証をなくして数日後の「借入明細書」が届いたらアウトですね。。。


店頭窓口

キャッシングをするということは、「借金をする」ということになります。誰でも借金はしてはいけないものという気持ちがあるので、やはり、人とはあまり顔を合わせたくないものです。
知り合いとバッタリ~なんてことになったら、もう穴に入りたい衝動にかられることでしょう。
このことから、みんな「自動契約機」へと申込に行くのではないでしょうか。

しかし、機会音痴のおじちゃん・おばちゃんは、進んでカウンター(店頭窓口)へと向かいます。(というか、行かざるおえない)
自動契約機のブース内で息苦しさを味わうくらいなら、圧迫感のないカウンターで世間話でもしながら契約を進めていく方が身体にはいいでしょう。

店頭契約を決めたら、次は支店選びです。ここで注意しておくことは、無理して遠い支店を選ばないこと。 誰だって他人とは顔を合わせたくないのはわかりますが、「どうしてここまで来たの?」という印象を与えたり、「近くまで寄ったついでに」なんて言ってしまうと、「虚言癖アリ」とされ審査に大きく影響を及ぼしてしまいます
自宅と勤務先を考慮した支店選びをすることをオススメしますが、カウンターで他人と顔を合わせたくないという人にとびっきりの呪文を教えようと思います。
それは、「同じキャッシング仲間」ということです(笑)


自動契約機

自動契約機が登場してから、心理的ハードルが低くなった分、キャッシングをする人が多くなってきました。自動契約機というのは、店頭窓口のように対面式じゃなくなった分、気軽に利用ができますが、間接的にはカメラやモニターなどでキッチリ監視されていることはわかっていて欲しいと思います。

機械の周りのパンフレットなどをゴソゴソ漁ったりしていると、機械に取り付けられている電話がなったりして「どうされました~?」なんて聞かれることもあります(笑)
以下に自動契約機での契約の流れを書いておきますので、イザ出陣した際には「小ボケ」をかまさないようにしてくださいね。

1、ブースに入室して着席。
2、モニターのタッチパネル画面で新規申込を選択する。
3、契約の事前同意や、個人信用情報機関への照会承諾の確認。
4、本人確認書類をスキャナーにセットして送信。
5、口頭で証明確認が行われる。
6、申込書を記入し、スキャナーで送信。
7、受付けセンター側では、証明書と申込書の照合が行われる。
8、タッチパネル形式で各属性の聴取が始まる。
9、聴取終了後、在籍確認などの審査が始まる。
10、与信責任者が借入限度額を最終決定。
11、モニターに借入限度額が表示され、最終的な契約意思の確認がとられる。
12、承諾すると契約書の作成開始。
13、契約書記入をし、送信。
14、受付けセンター側が契約書の内容を確認し、その控えを利用者に渡す。
15、カードが発行される。
16、店内のATMでキャッシングが可能となる。

一人で契約に行くのがイヤだからといって、恋人や友人などを同伴してくる人もいますが、コレは厳禁行為なので注意しましょう。


郵送

郵送は、誰にも会わず見られず契約締結まで完結させることが可能な手段となります。
「だったら郵送でいいじゃ~ん♪」なんて考えたアナタはオバカさんです。
なぜなら、郵送で契約を完結させようとする利用者に対しては、あまりいい風に見ることができない消費者金融側にとったら、からです。

郵送で全てを終わらそうとすると、どうしても数日かかってしまいます。キャッシングまでに至るということは、すぐにでもお金が必要ということ。それなのに、なぜ数日もかかる方法で契約をするのか違和感を感じさせるのは当然ともいえる行動です。

担当者は申込受理の確認がてら、「お急ぎでしたら、お近くの店舗か自動契約機で…」というアドバイスをしてくると思います。
そこで答えられる言葉は、ほとんどの人が「忙しいので」というもです。
しかし、コレは禁句です。
消費者金融側にとったら、「そんなに忙しい仕事って何? そこまで忙しいならお金なんて必要ないんじゃない?」という疑問を抱いてしまうからです。


電話&FAX

とにかく、1分1秒でも早く借入がしたい場合は、電話による申込をすることをオススメします。
電話をかけたら契約ができる…ということではなくて、「借入が可能か」ということがわかるので、2度手間3度手間が省かれるという点で利用をしましょう。

新規利用者が避けたいのは、「申込に行ってから、その場で断られる」ということ。
これほど無駄な労力はないし、これ以上の屈辱はないからです。

FAXでの申込はほとんどの会社で行われていません。これは、万が一、訴訟沙汰になったときに業者側が契約書などの「原本」がないと不利になってしまうからです。


インターネット

インターネット契約は、どの会社も今一番力を入れているものだと言えます。ただ、このインターネット契約も、ネットだけで契約締結を済ませることはできないので、申込だけという形にはなりますが、これも電話同様、「借入可能かどうか」ということが店頭なり自動契約機に赴く前にわかるという利点があるのです。

今後法改正が行われ、ネット文面による契約締結が可能となったとき、家でくつろぎながら簡単に申し込みができるので、あるいみ末恐ろしいものとなる時代がやってくるかも。。。(怖)



消費者金融を徹底比較


ハチ子の消費者金融 比較
即日融資、審査の甘い、おまとめローン
多重債務の方、ブラックの方でも、等
ジャンル分けした消費者金融を徹底比較しています。






条件別で選ぶ

最新記事一覧

ジャンル別で選ぶ

審査基準の基礎編

審査基準の実践編

実際借りる時の手順

キャッシングって恥ずかしい?

こんなキャッシングに注意

みんなの知りたいキャッシングネタ明かします?

スムーズキャッシングのコツ

キャッシングの利用も使い方しだい

健全なキャッシングとは

キャッシング関連用語集

管理人情報

運営者情報・免責事項

サイトマップ



Copyright c 2006-2017消費者金融OLハチ子の審査基準19の教え All Right Reserved.