1. TOP
  2. 記入方法の基礎

記入方法の基礎の目次

属性

消費者金融界で呼ばれている「属性」とは、申込書に記入する項目です。簡単に言うと、「氏名」や「年齢」「職業」「家族構成」・・・などなどになります。(履歴書みたい)

自分のことや家族のことも話さなければならないので、プライバシーをさらけだすことにはなりますが、各社申込書の記入項目には一切ムダはなく、申込書を見ただけで、利用者がどんな人間なのか詳細にわかるようにしていると言っても過言ではないでしょう。

この属性は、審査に影響力を及ぼすもので、優劣は付けられています
「氏名」という属性では、利用者がどんな人間なのかはほとんど判断できませんが、「生年月日」だと多少なりとも見当がつくということです。


<優属性>年齢

消費者金融は、中心的利用対象者を「20~30歳代」としています。そしてその中で「未婚(独身者)」に比重を置いています。実社会の信用度は「既婚者」にあるのは言うまでもないのですが、利用顧客として考えると、「独身者」の方が信用度がある…という風に見なされるのです。

これは「可処分所得の大小(自由に使えるお金が多いか少ないか)」を前提として捉えられているので、「既婚者(+子持ちなら尚更)」よりも「独身者」に分があるという形になります。

そして次に、年齢が上がる程、審査は狭き門になります。これは「貯金のなさ」を問題視にするからです。 年齢が上がるほど貯蓄があるからいいんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、まさにソレです。
年齢がある程度いっていて、なぜキャッシングを利用するのでしょうか?
それは、お金がナイからですよね。
業者からしてみれば、「そんなに年がいっているのに、蓄えがないの?」っていう目で見られるということです。
「蓄えがないから借りるんだ」というごもっともな意見が出ますが、前にも言ったように、業者からしてみれば「返済能力があるか?」ということに重点を置いており、心情でお金をかしているわけではないのです。


<優属性>電話番号

近年では、固定電話を持たない人が増えてきました。携帯電話が生活必需品となっているので、携帯だけでいいや~という考えの人が増えてきているのも事実です。

「自動固定電話のみ」「携帯電話のみ」「両方」の中では、基本的にはどのパターンでも申込には問題はありませんが、一番有利なのは「両方」になります。
続いて「自動固定電話のみ」となり、次に「携帯電話のみ」となります。

企業側から言えば、「確実にアナタへ連絡を取れることができるかどうか」というものに関わってくるため、「自宅電話」は「信用」につながってくるのは必然ということになります。

携帯電話に信用性がないというのは、契約&解約がたやすいということからきています。
都合が悪くなれば、とっとと解約してトンズラすることもありえるからです。


<優属性>職種(職業)

職業で人を判断することはできませんが、この業界は「払えるか、払えないか」の問題に関わってくるので、ある程度重視される属性となります。

では、どんな職業が有利になるか? それは、「離職率が低いもの」となります
反対に、不利な職業は、「離職率が高いもの」「不安定なものとなり」、詳しく書き示すとすると、無名の作家、無名の芸能人、パチンコ店員、水商売関係、タクシーの運転手、日雇い労働者・・・となります。

この業界では、年収5000万円の芸能人よりも、年収200万円の会社勤めのサラリーマンが「信用がある」という風に見なされます。


<優属性>居住年数

重視される属性の中に「居住年数」があります。これは、どんないいとこに住んでいる、とかそういうのは全く関係ありません。見られるところは「そこに住んで何年か」ということです

豪邸に2年しか住んでいないという人と、隙間風が吹いて、今にも倒壊しそうなオンボロアパートであっても、そこに10年住んでいたら、「10年オンボロアパートに住んでいる」人の方を、企業は信用します。

あっちにフラフラ、こっちにフラフラしている人よりも、動かずにそこに居てくれる人の方が、何かあったときにその人を突き止めやすくなるからです。

FAXでの申込はほとんどの会社で行われていません。これは、万が一、訴訟沙汰になったときに業者側が契約書などの「原本」がないと不利になってしまうからです。


<劣属性>年収

年収があまり重視されないというのは、返済能力が絶対条件であるのに矛盾しているのではないのかという疑問が生じてきます。しかし、これは、自己申告でしかならないものなので、あまり意味がないのです。
収入証明書が必要な融資額による契約であれば話は別ですが、通常契約の場合、それは求められません。
つまり、10万くらいの月収しかない人が、通常契約で20万と記入しても業者は調べることはしないということになります。というか、調べても意味がないからです。

誰でも知っている大手企業の人が申込をしてきた場合、在籍年数などからおおよその年収は推測されます。ただ、逆に消費者金融側からすると、そちらの方が「怪しく」思ってしまうのですが…。
だって、そんなに大手のとこに働いて、ある程度の収入はあるはずなのに借入を必要とする「理由」はよほどのことになりますからね(苦笑)


<優?属性>使用目的

アンケート項目として「使用目的」と「当社を知った媒体(理由)」があります。散々いろんなことを聞かれた上に、お金のいる理由まで聞かれるのは、正直うざいと言えるでしょう。
では、この使用目的には、企業側にどんな印象を与えるか教えましょう。

この不景気の世の中、正直「生活苦」でお金を貸して欲しいという人が多くいます。
でも、「生活費」には○を付けないようにした方がいいかもしれません。
例え「生活費」に○をつけなくても、あまり「ウソ」扱いにはされないので大丈夫です。

生活費というのは、実際の生活に必要な必要最低限の部分であるため、そのお金さえもナイということになると、企業側に「自分は返済能力がないかもしれません」といっているようなものになります。
生活費のためにお金が必要になる場合は、「レジャーに使用」や「車購入の資金」という項目に○をつけるようにしましょう。



消費者金融を徹底比較


ハチ子の消費者金融 比較
即日融資、審査の甘い、おまとめローン
多重債務の方、ブラックの方でも、等
ジャンル分けした消費者金融を徹底比較しています。






条件別で選ぶ

最新記事一覧

ジャンル別で選ぶ

審査基準の基礎編

審査基準の実践編

実際借りる時の手順

キャッシングって恥ずかしい?

こんなキャッシングに注意

みんなの知りたいキャッシングネタ明かします?

スムーズキャッシングのコツ

キャッシングの利用も使い方しだい

健全なキャッシングとは

キャッシング関連用語集

管理人情報

運営者情報・免責事項

サイトマップ



Copyright c 2006-2017消費者金融OLハチ子の審査基準19の教え All Right Reserved.