1. TOP
  2. 審査方法の基礎

審査方法の基礎の目次

自社与信システムのしくみ

クレジットカード会社の与信方法は「属性ポイント制」を採用しており、消費者金融会社は「属性モデル像」を木基本としています。

●属性ポイント制
最終的な総合ポイントにより、契約の可否や、利用限度額を決定するやり方で、会社員なら「3点」、自営業者なら「1点」になり、住居においては、持ち家所有なら「3点」、賃貸マンションなら「1点」などとなり、総合点数が「20点以上」なら、利用限度額50万円で契約可能…というような仕組みになっています。

●属性モデル像
過去の膨大な顧客データーから、利用者に一番近い属性を持つ人をモデル像としてピックアップし、その利用状況から今回利用する人の「未来」の利用状況を予測して利用限度額や契約の可否を決定する仕組みとなっています。

そのモデル像にピックアップされた人の利用状況が最悪だった場合は、残念ながらお断りされることもあり、とばっちりを受けた利用者は「不運」としかいいようがありません。。。


信用情報機関のしくみ

自社の与信システムがどれほど優れていても、それはあくまでも「自社」で通用するものです。他社での詳細な利用状況を把握することはまずできません

しかし企業側は、申込書に書いた利用者の、他社での利用状況を丸々鵜呑みにすることは一切なく、自社が加盟する外部の信用情報機関と照会することになるでしょう。

各信用情報機関には、同機関に加盟する会員各社の顧客情報や債務情報が統合・管理されています。

●顧客情報
本人の氏名・住所・電話番号・勤務先などを表します。

●債務情報
当人がいつどこでいくら利用して、返済日はいつ…などを表します。

この信用情報機関は、絶対的な影響力を持っており、新規契約時以外の途上与信に大きく関わりをもってきており、登録情報をもとに、「与信額」が決定されます。(ここに登録されている情報が悪いと、たぶん借入は不可)

現在、日本には5つの信用情報機関があり、各社それぞれどの機関に加盟するかは入会条件さえクリアできれば自由となります。
ただ、銀行やその同系列は、全情連やテラネットには加盟はできません。

●信用情報機関
1.全国信用情報センター連合会(全情連)
2.全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)
3.株式会社シー・アイ・シー(CIC)
4.株式会社シーシービー(CCB)
5.株式会社テラネット




消費者金融を徹底比較


ハチ子の消費者金融 比較
即日融資、審査の甘い、おまとめローン
多重債務の方、ブラックの方でも、等
ジャンル分けした消費者金融を徹底比較しています。






条件別で選ぶ

最新記事一覧

ジャンル別で選ぶ

審査基準の基礎編

審査基準の実践編

実際借りる時の手順

キャッシングって恥ずかしい?

こんなキャッシングに注意

みんなの知りたいキャッシングネタ明かします?

スムーズキャッシングのコツ

キャッシングの利用も使い方しだい

健全なキャッシングとは

キャッシング関連用語集

管理人情報

運営者情報・免責事項

サイトマップ



Copyright c 2006-2017消費者金融OLハチ子の審査基準19の教え All Right Reserved.