1. TOP
  2. 会員規約のココを読もう!

会員規約のココを読もう!の目次

利用限度額

利用限度額は、各社が厳格に審査し、それを具体的に「金銭」という形で表したものになります。(つまり、利用者の価値みたいなもの)

この利用限度額は「永久的なもの」ではありません。今後の利用者の状況により、必ず変動します。 利用者がおりこうさんなら、限度額も上がっていくし、悪い子なら、ドンドン下がっていきます。
業者は、ある意味利用者のことを日々観察している人…ともいえるでしょう。

利用者の信用度のようなものなので、利用限度額の金額に一喜一憂する必要はありません。


届け出事項の変更

最初に記入した住所や電話番号などの変更があった場合、必ず届ける必要がありますが、利用者が届け出を怠りやすいものは「勤務先」です。
この「勤務先」というのは、業者側も気づきにくい点になります。
それはなぜか?
それは、「通常利用している限り、業者は絶対に勤務先には連絡をしない」からです。
だから、利用者がまじめに利用している限り、勤務先がとうの昔に変わっていようとも、知ることがまずナイということになります。

ただ、「勤務先」というのは、利用者の収入源先ということになるので、返済に直結する部分である以上、業者は完全に把握しておく必要があります。

契約の際に「現住所」「電話番号」「勤務先」をきっちりしっかり確認をされることになりますが、これは「重要な部分」となるためです。
もし、この重要な部分を利用者がムシをすれば、カード利用一時停止や減額をされることになるので、変更の際には速やかに申し出ましょう。


期限の利益の損失

期限の利益とは、利用者が返済期限まで返済する必要はないということで、期限の利益の損失とは、返済に遅れたり、契約内容に虚偽が見つかったときなど、即刻全額返済を要求される…というものです。

1日送れただけでも、即効全額返済なんてありえないなんてタカをくくっている人いませんか?
残念ながら、ついうっかり返済するのを1日遅れてしまった~なんて状態でも、全額返済の対象になりますよ。

業者もたくさんの顧客を抱えているので、1日そこらではその規約の行使はしないのですが、万一業者の気が変わって「1日でも遅れた奴は、規約を行使する!」なんてことになったら、アナタは従わざるおえないということは覚えておきましょう。


消費者信用団体生命保険

消費者信用団体生命保険とは、業界内では「団信」と呼ばれる保険のことで、本契約者である利用者が、死亡・重度障害で返済不能になった場合、消費者金融に保険金が下り、本契約者の残債務に充てられるしくみになっているものです。
この保険の掛け金は、契約した消費者金融側が支払ってくれるので、利用者が掛け金のことを心配する必要はありません。

消費者金融と保険会社の間では、この保険は一種の「お約束事」なっています。利用者分の保険料を全額負担する消費者金融は、保険会社にとっては「毎月の定期的な収入源」となり、保険会社は見返りとして「継続的な融資」を実行することになるのです。

生命保険を何で消費者金融側に勝手にかけられて、死んだら消費者金融側に保険金を渡さなきゃいけないの?…という感じですが、消費者金融は「無担保融資」でしたね。担保のない利用者が返済不可能となった場合、消費者金融は商売あがったりになりませんか?

この保険は、住宅ローンにも使用されるので、「まったく知る必要のない保険」ではなくなります。



消費者金融を徹底比較


ハチ子の消費者金融 比較
即日融資、審査の甘い、おまとめローン
多重債務の方、ブラックの方でも、等
ジャンル分けした消費者金融を徹底比較しています。






条件別で選ぶ

最新記事一覧

ジャンル別で選ぶ

審査基準の基礎編

審査基準の実践編

実際借りる時の手順

キャッシングって恥ずかしい?

こんなキャッシングに注意

みんなの知りたいキャッシングネタ明かします?

スムーズキャッシングのコツ

キャッシングの利用も使い方しだい

健全なキャッシングとは

キャッシング関連用語集

管理人情報

運営者情報・免責事項

サイトマップ



Copyright c 2006-2017消費者金融OLハチ子の審査基準19の教え All Right Reserved.