1. TOP
  2. 契約仲間

契約仲間の目次

新規契約率

大手3社における新規契約率は、各社とも60~70%前後になります。ただ、ここ数年各社とも新規契約率としては、年々低くなっているのが現状です。
60~70%をもっとわかりやすく言うと、「3人に2人は契約している」ということになるのですが、これで契約率が低くなっているの?!と驚かないで欲しいと思います(笑)

消費者金融は、ある意味「誰にでもお金を貸す」というものから、「誰にでもお金を貸さないところ」に変化してきたというのが伺えます。
3人のうち2人は契約をしているということは、消費者金融にとったら「融資できないお客さんが増えてきた」ということになります。
失業率の増加や雇用形態の激変で、継続的かつ安定的な収入確保がお客さんには保障されなくなってきているという現在の景気情勢にも問題があるのでしょう。

私が実際にOLをしていたとき、何人かの申込の担当をしましたが、3割ほどの人しか融資はできませんでした。
融資を断られた後の、帰っていくお客さんの後姿を見ていると、心苦しかったのを覚えています。


初回平均貸付額

初めはだいたいいくら借りれるのだろうという「初回平均貸付額」は、新規契約者の希望によって微妙に変動してきます。
利用者はお金を貸してもらうために、消費者金融に申し込むのですが、契約できるかウンヌンよりも、「いくら貸してくれるのか?」という思いが最初から最後まで強いのではないでしょうか。

新規契約者に対する見極めが難しくなってきている側面などを理由に、消費社金融界も「貸し渋り」が公然となっています。

与信額を最初は低く抑えておき、その後の取引経過を見てから徐々に引き上げていくというパターンとなっていますが、これはいわゆる「お試し期間」。その間は小額融資を行い、その後優良客と判断したら、高額融資をしよう…という形になるのです。


性別

消費者金融にお世話になっている契約者のうち、男女の比率はどうなっているかというと、「男性7:女性3」というのが昔から続いています。

男性は少しずつ経済力を失ってきており、反対に女性が少しずつ経済力を付けてきているので、近い将来「男性6:女性4」という比率が誕生するかもしれないと、囁かれています。(もしかしたら逆転するかも)


年齢

大手会社のメインターゲットは「20~30歳代」です。あまり高齢になっていくと、反対に信用度が下がってきます。

あくまでも、「返済能力があるかないか」の視点でしか企業側は見ていません。 働き盛りの20~30歳代は、少々無理しても大丈夫(?)でしょうが、高齢者になると、そうはいきませんよね。
いくつになっても「お金」というのは必要になります。
高齢者ならお金を必要とする部分が、若い人と違うでしょう。
これからの高齢者社会は、どうなっていくのか、未知の世界ですね。

ちなみに、未成年者は、問題外となるのであしからず。。。


広告宣伝費

消費者金融は、新規契約者を獲得するのに、一体どれだけの宣伝費を使っているのでしょうか。 広告宣伝費というのは、バカにならない程のお金がいります。1ページの中の4分の1のスペースの広告にするだけでも、何万×日にち分というような計算になったり、それが1ページ丸ごとの広告になると、何十万~という形になるのです。
1社の雑誌がこれだけということなので、数社と広告掲載の契約をするとなると、莫大なお金が必要だとわかるでしょう。
でも、これも全て新規契約者を獲得するためです。

利用者側は、企業の「コストパフォーマンス」を望みます。
利用者が望む宣伝をした企業は、「いいお客さん」の申込率がグッとUPするのです。

私が働いていた会社のCMを、実際テレビで流す前に視聴したのですが、少しウケました。。。



消費者金融を徹底比較


ハチ子の消費者金融 比較
即日融資、審査の甘い、おまとめローン
多重債務の方、ブラックの方でも、等
ジャンル分けした消費者金融を徹底比較しています。






条件別で選ぶ

最新記事一覧

ジャンル別で選ぶ

審査基準の基礎編

審査基準の実践編

実際借りる時の手順

キャッシングって恥ずかしい?

こんなキャッシングに注意

みんなの知りたいキャッシングネタ明かします?

スムーズキャッシングのコツ

キャッシングの利用も使い方しだい

健全なキャッシングとは

キャッシング関連用語集

管理人情報

運営者情報・免責事項

サイトマップ



Copyright c 2006-2017消費者金融OLハチ子の審査基準19の教え All Right Reserved.