1. TOP
  2. 利息の知識

利息の知識の目次

借りた側の自由

借りた側の自由とは、契約が成立して、実際にキャッシング生活に突入した後、さっさと返済してとっとと縁を切るか、つかず離れずの腐れ縁をずっと続けていくか、利用者本人の自由ということになります。

最初の融資を受けるまで、業者と利用者の立場は、常に業者の方が上にあり、貸す側が一方的に強くありました。(申込を受け入れるかどうかを決定するのは業者だから当たり前~)
それまでのやりとりにおいて、利用者の都合や事情は一切反映されることはなかったでしょう。

しかし、一度融資を受ければ、「借りた側」も力をつけることになります。
金銭貸借の関係で考えると、「お金を貸すということは、所有権(自分の手元にあるものを自由に扱う権利)を手渡して債権(返済を要求する権利のある賃金)を得る行為」と置き換えられるのです。
業者側から「所有権」を譲られた利用者は、それ(お金)を自由に扱うことができ、業者はその代わりに「債権」を得るという関係が成立します。


利息とは

利息とは、実質年率で表される金利が借りた日数分元金に掛けられるものです。言うなれば、「レンタル料」のようなものです。
利息なしでの借入ができることが、利用者にとっては理想なのでしょうが、そんなことをしたら消費者金融は何の利益も発生しない「ただ貸し」なのでまずないでしょう。
しかし、最近では「10日以内に返済すれば利息はない」というところも出てきました。
10日以内で頑張って返せるなら、キャッシング自体頼る必要がないのかもしれませんが。。。(独り言)

消費者金融における利息計算方法は、「借入した翌日から返済当日まで」の日数となります。これは「肩端方式」と呼ばれるもので、算出方法は以下のようなものになります。

●利息計算式
借入残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数


利息制限法

利息制限法とは、一定の利率を超える利息を制限し、高利の取り締まりを目的とする法律です。
利息制限法では、元本(元金)に応じて金利を「年率15~20%」と定めていますが、その上限を超える利息分については無効とされます。

だから、どんだけ相手が返済を迫っていようとも、この法律を犯しているのならば「返済する必要は一切ない」ともいえるのです。
●利息制限法で定められている利息の最高限
元本が10万円未満の場合          年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合  年18%
元本が100万円以上の場合         年15%

あれ?自分の年率が25%なんだけど…と疑問に感じた人は、エライ!!


出資法

出資法とは、出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律というのが正式名称となり、出資金の受け入れや法外な金利などを禁止する法律です。
消費者金融会社の利息は、いくらでも高く出来るわけではなく、上限の金利が決まっています

利息制限法では、年率15~20%までとなっているのに、自分は25%なんだけど、これは違反ではないの?と思った人がいると思いますが、これはこの「出資法」が大きく関わってきています。

出資法の詳細は、「金銭の貸付を行なう者が年29.2%を超える割合による利息の契約をし、又は、これを超える割合による利息を受領した時は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併料する」・・・となっています。
つまり、29.2%以内の利息であった場合は、利息制限法を違反していても、出資法には違反していないので、罰則規制はないということです。


グレイゾーン

グレイゾーンとは、「利息制限法」と「出資法」の金利上限の差を言います。利息制限法やら出資法やら意味がわかりませんね。

この二つの法律の違いについて、お話しましょう。
なせ2つの法律が存在し、しかも違う金利上限で規制しているのか?
それは、この2つの法律は取り締まる「主旨」が違っているからなんです。

●「利息制限法」
18パーセントを超えると、越えた部分の契約は無効という民事の取り締まりをしている。

●「出資法」
29、2パーセントを超えると、それは犯罪になり、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金という、刑事上の取り締まりを行っている。

別の視点から見ると、利息制限法を守らなくても出資法を守っていれば罰則を受けることはないので、これを利用して消費者金融は、利息制限法を守ってはいません
18%以上の契約が無効であることは利息制限法上、明らかですので、出資法の上限を守っていても、利息制限法の上限利率で、計算をし直すことができ、債務の総額を減額させることが出来るということを、ここでコッソリ教えておきます♪



消費者金融を徹底比較


ハチ子の消費者金融 比較
即日融資、審査の甘い、おまとめローン
多重債務の方、ブラックの方でも、等
ジャンル分けした消費者金融を徹底比較しています。






条件別で選ぶ

最新記事一覧

ジャンル別で選ぶ

審査基準の基礎編

審査基準の実践編

実際借りる時の手順

キャッシングって恥ずかしい?

こんなキャッシングに注意

みんなの知りたいキャッシングネタ明かします?

スムーズキャッシングのコツ

キャッシングの利用も使い方しだい

健全なキャッシングとは

キャッシング関連用語集

管理人情報

運営者情報・免責事項

サイトマップ



Copyright c 2006-2017消費者金融OLハチ子の審査基準19の教え All Right Reserved.