1. TOP
  2. モニターリング

モニターリングの目次

途上与信

途上与信とは、「途上管理」「途上審査」とも呼ばれ、信用供与を行なった後の利用者の利用状況、返済状況を審査することです。

この途上与信を行う目的は、クレジットライン(信用供与額)の変更や、延滞発生の未然防止、偽造・不正カードの早期発見などに役立てるというのがあります。

キャッシングを利用している間は、その会社とは、与信の呪縛に縛り付けられていますが、それから解放されたときは、そこの会社の利用者ではなくなってということになります。(そりゃそうだ)

利用が進行するによって、利用者の信用(不信感もだけど)も成長していきます。
この途上与信は、会社の利益に大きく関わってくるので、新規契約時よりも厳しい目で判断されます。

消費者金融連絡会では、「適正与信の定期照会」をかかげ、「新規契約後3ヶ月間は毎月1回、それ以降は3ヶ月に1回情報照会を行う」とした定義を設けています。

つまり、しっかりチェックされているということですね。


債務情報ってどうやって見られているの?

消費者金融が全情連に照会した場合は、そこに登録されている利用者の債務情報は、現在利用中の債務はもちろんのこと、すでに完済した債務についても、データー保有期間内であれば、「全部」開示される仕組みとなっています。

ただ、見られないところがあります。それは、「利用中の会社名」です。
他社を利用していることまではわかっても、「どこか」は知られることはありません。
(私の個人的意見を言わせてもらえば、別に会社名なんて知らなくても、現在の借入状況さえ知っていれば、会社側はどうでもいいかと。。。)
情報更新の頻度は、原則として「取引発生時随時」としているところが少なくありません。

消費者金融が、利用者の債務情報の中で一番注目している点は、「現在進行形の債務」です。
その中でも、「借入金額」よりも「借入件数」を重視しています。
「1社で100万借入している」Aさんと、「A社に30万、B社に30万、C社に30万を借り入れ、合計90万の債務があります。」というBさんとでは、Bさんの方が要注意人物となります。



消費者金融を徹底比較


ハチ子の消費者金融 比較
即日融資、審査の甘い、おまとめローン
多重債務の方、ブラックの方でも、等
ジャンル分けした消費者金融を徹底比較しています。






条件別で選ぶ

最新記事一覧

ジャンル別で選ぶ

審査基準の基礎編

審査基準の実践編

実際借りる時の手順

キャッシングって恥ずかしい?

こんなキャッシングに注意

みんなの知りたいキャッシングネタ明かします?

スムーズキャッシングのコツ

キャッシングの利用も使い方しだい

健全なキャッシングとは

キャッシング関連用語集

管理人情報

運営者情報・免責事項

サイトマップ



Copyright c 2006-2017消費者金融OLハチ子の審査基準19の教え All Right Reserved.